あかつきブログ

仏教、音楽、世の中の出来事、サッカーなどについてあかつきが感じたことをゆるーく書きます(^-^)

まんぷく 1・2週

まんぷく 1・2週】NHK連続テレビ小説

https://www.nhk.or.jp/mampuku/

 

日清食品の創業者、安藤百福とその妻仁子をモデルとして夫婦の半生を描くドラマ。

 

民放の連ドラを含め、今やっているドラマの中では一番好きです。

 

福子役の安藤サクラ、とても良いですね。

NHKのドラマ『ママゴト』(2016)のときも良いなと思ったのを思い出しました。

臼田あさ美が出演するからという理由で見ていたのですが、回を重ねるごとに安藤サクラの演技に引き込まれていきました。

 

萬平役の長谷川博己は人気出そうな役ですね。

イケメンでこの性格は間違いなくモテますよね(笑)

 

あと橋本マナミの演技が予想以上に良いなと思ったのと、世良勝男(桐谷健太)が魅力的で味方なのか気になるところです。

 

これからシリアスな場面も多くなりそうですし、どう描かれていくのか楽しみです。

 

立花萬平が安藤百福と同じく台湾出身なのかどうかということが少し話題になっていますね。

半分フィクションですし日本出身の設定だとしても良いのではないかと思いますが、どういう理由でそうしたのかはたしかに気になります。

 

私の満足度:8(10段階)

リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子~ 第1話

【リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子~ 第1話】テレビ朝日系列、木曜21時放送

https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/

 

 弁護士の資格を剥奪された小鳥遊翔子(米倉涼子)が、法律事務所を立ち上げて再起を図るというストーリーでした。

 

 

一言で言えば米倉涼子!」というドラマです。

 

いや、おもしろいですよ(笑)

 

ネット上では初回のテーマが痴漢冤罪だったことに対して議論があるみたいですね。

たしかに取り上げられることの多いテーマで安直な印象はありますし、件数が冤罪よりも圧倒的に多く、被害を訴えることすら出来ない方が大勢いる痴漢が題材として取り上げられることは少ないように思います。

 

時間があるときは見るかもしれません。

 

私の満足度:5(10段階)

ブラックスキャンダル 第2話

【ブラックスキャンダル 第2話】日本テレビ系列、木曜深夜放送

https://www.ytv.co.jp/blackscandal/

 

「目的を達成するためには悪魔にもなる」というシーンのあと屋上でほくそ笑む亜梨沙(山口紗弥加)がめちゃくちゃ綺麗でぞくぞくしました。

負のパワーの魅力的で美しい部分が表現されていた印象に残る場面です。

 

でも最後に指摘されていた通り、上手くいったとしても幸せにはなれないですよね。

その悲しさというか切なさもあの美しさにつながっているのではないでしょうか。

 

今回は笑える要素や小ネタは抑えめで深夜ドラマ感があまりなかったですが、私としてはもう少し欲しいかなと思いました。

 

おもしろかったです。

 

私の満足度:6(10段階)

獣になれない私たち 第1話

【獣になれない私たち 第1話】日本テレビ系列、水曜22時放送

https://www.ntv.co.jp/kemonare/

 

初回はガッキーがブラックな環境でひたすら働いているという話でした。

 

最後の1分間がなければ間違いなく初回で見るのをやめていたでしょう。

 

深海晶(新垣結衣)くらい仕事ができるのであれば、もっと良い環境で働けるのでは?転職できるのでは?という疑問がどうしても出てきてしまいます。

でも渦中に置かれている人にとっては、環境を変えられるかもということになかなか気づけないものなのかなとも思います。

 

これほどまでに露骨ではないにしても、ある程度仕事ができる人に甘えてしまって、周囲が気付かないうちにその人を摩耗させてしまうことはありますよね。

私は仕事ができない側の人間なので、自分のことを言い当てられているような少し反省するような気持ちで見ていました。

 

あと、人はそれぞれ抱えているものがあるのだなということも改めて気付かされました。

表面上や見かけだけではわからないですよね。

 

しばらくこのような展開が続くのであれば耐えられないなと思っているところにあのラスト。

初回はまだ前フリという感じだったのですかね。

次回から話が展開していきそうですし、野木亜紀子さんの脚本ですし、なんだかんだ第2話以降も見るような気がします。

 

私の満足度:5(10段階)

『初期仏教 ブッダの思想をたどる』

www.amazon.co.jp

『初期仏教 ブッダの思想をたどる』(岩波新書) 馬場紀寿

 

まだブログを始めたばかりで、今のところほとんどドラマについての記事しか書いてません。

これから少しずつ読んだ本の感想なども書いていきたいと思います。

 

この本は紀元前の仏教を「初期仏教」と定義し、仏典を歴史的文脈に沿って文献学的に正確に読み解き、その思想を明らかにしようという内容でした。

 

まず、古代インドの社会や思想など、仏教が成立するまでの背景が解説されています。

当時の地理や、ヴェーダから見られる思想、六師外道の教義など知らなかったことや、学んだことがあっても忘れていることが多かったです。

何もないところから仏教が急に生まれたわけではありませんし、その時代の様子や人々が何を考えていたのかをもっと学ぶ必要があるなと痛感させられました。

 

僧伽や律について、以前調べてレポートを書いたことがあるのですが、頭の良い方が書くとこんなに分かりやすくなるのだなと思いました。

 

四聖諦、八正道、五蘊など仏教の基礎的な知識について説明されている箇所は、ノートを取って自分がこれらの用語を理解しているか再確認しながら読み進めました。

よく知っているつもりの仏教用語でも、古代インドの思想を背景として説かれているという視点から考えたことはあまりなかったので勉強になりました。

 

五支縁起の流れが「再度の生存へ導く渇望が苦の原因である」と示しているということは改めておさえておきたいポイントだなと思いました。

 

一番興味深く読んだのは、次第説法についての記述です。

仏教は熱心な信者や仏教にコミットしている人だけのものではなく、すべての人に開かれている教えだと思います。

釈尊が世俗で普通に生活している人たちにどのように教えを説いたのか、現代を生きる我々にとって学ぶべき部分ではないでしょうか。

シンガーラ教誡経のことが気になっているので、言及されていて参考になりました。

 

そして、アーリヤ(高貴な者)とはどのような人なのかということが、五章までの内容を受けて最後の第六章に書かれています。

 

勉強になった部分や、興味深く読める部分があったので読んでよかったなと思います。

各章のつながりや流れもしっかりと構成されていますし、仏教についてある程度学んでいる方にとってはわかりやすく読める一冊ではないでしょうか。 

僕らは奇跡でできている 第1話

【僕らは奇跡でできている 第1話】フジテレビ系列、火曜21時放送

https://www.ktv.jp/bokura/index.html

 

変り者の大学講師の話です。

 

今のところ今期民放の連ドラの中では一番好きです。

私自身、社会に馴染めないなと思うことも多いので共感しながら見ていました。

 

ただ、社会の常識に合わせることが出来なくても「イケメンだからOK」、「役に立っているからOK」、「才能があるからOK」、「頑張っているからOK」という描かれ方になっていくのであれば残念です。

 

自分とは違う価値観で生きている人を疎ましく感じることはありますし、私にも好き嫌いはあります。

でも自分の常識に当てはまらない人同士でも、無条件にお互いが幸せに生きることを認め合えたら良いのになと思います。

 

いい意味でもう少しゆるーい空気の世の中になって欲しいです。

おそらくデフレ不況で限られたパイを奪い合う状況が続いたことも他者に厳しい空気の一因ではないでしょうか。

 

あと一つ内容で気になるのは、亀とうさぎの話で「あなたは他者を見下すうさぎタイプですね」というのは、亀の側に立ってうさぎを見下しているんじゃないかなという気がしました。

 

と、色々書きましたが次回も楽しみにしています。

 

私の満足度:8(10段階)

中学聖日記 第1話

中学聖日記 第1話】TBS系列、火曜22時放送

https://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/story/

 

婚約者のいる新任女性教師に中学生が恋をしてしまうというストーリーです。

 

1話からけっこう話が動きました。

でも、まだどのようなドラマなのか掴みきれていません。

 

黒岩晶役の岡田健史は存在感がありますね。

 

有村架純が演じる末永聖は強い女性だなと思いました。

最後の授業のシーンがかっこよかったです。

 

無駄だと感じるセリフが少なかったですし金子ありささんの脚本がしっかりしてるなと感じました。

もっとおもしろくなる気もしますし、時間があればとりあえず第2話も見てみようかなと思っています。

 

私の満足度:6(10段階)