あかつきブログ

仏教、音楽、世の中の出来事、サッカーなどについてあかつきが感じたことをゆるーく書きます(^-^)

今考えていること5月前半

ゆるゆるといきたいので考えを述べるのは控えめにしていますが、月一くらいのペースでまとめて書いていきたいなと思っています。

以下、本日(5/5)のツイートをまとめたものです。

 

〈緊急事態宣言延長について〉

病床使用率やICU使用率を見れば妥当ではないでしょうか。

新しい生活様式が物議を醸していますが、対策を緩めすぎると医療崩壊につながり死者数が増えるという話もあります。

活動を再開しても気を付けつつ治療法やワクチンの開発を待つのが良いのかなと思っています。

 

〈経済対策について〉

何もやっていないわけではありませんが政府の経済対策は不十分で、5/6までしかカバーできていないように思います。

少なくとも一次補正と同規模の二次補正を速やかに出して失業・企業の倒産を防ぎ、長期的な対策(定期的な給付金など)も議論すべきではないでしょうか。

人々の生活や居場所ができる限り守られるように願っています。

 

〈仏教について〉

法務は連絡を取り合いながら、できる限りの対策をしつつおこなったりお休みしたりしています。

行事はすべて延期なのでインプットに励んでいます。

長期化するのであれば、選択肢を増やす意味で新しい活動のあり方も考えなければならないでしょうね。

 

〈私にできること〉

仏教やお寺のこと、自らの生活を考えるのももちろんですが、支援できることがあれば今以上に積極的におこなっていきます。

テイクアウトの料理の購入や些少な額ですが募金、議員の方へ意見をお伝えするのもしています。

多少動けるようになればさらに出来ることを模索します。

 

〈おわりに〉

厳しい環境のなか働いてくださっている方々、本当にありがとうございます。

また、明るく励ましてくださったり、思いを正直に打ち明けてくださったりと皆様のツイートに力をいただいています。

すべての皆様に感謝です。

 

南無阿弥陀仏

今考えていること4月

ゆるゆるといきたいので考えを述べるのは控えめにしていますが、月一くらいのペースでまとめて書いていきたいなと思っています。

以下、本日(4/21)のツイートをまとめたものです。

 

<新型ウイルスについて>

情報に触れる時間や回数を絞るのオススメです ️。

私は1日2回5分ずつ能動的に調べています。

たくさん情報を得るほうが落ち着く方もいらっしゃると思いますけどね。

手洗い、顔を触らない、距離2m、換気、マスク、できるだけ外出しないことなどを気をつけています。

 

<経済について>

自粛が長期化するなら

・継続的な定額給付金

・休業補償

・中長期的には消費税減税

が必要ではないでしょうか。

政府はこれからも政策を柔軟に変更しながら対応してほしいです。 ️

国民や与野党の政治家から声があがれば、一律給付のように実現する可能性があると思います。

私はSNSで訴えるのではなく、面識のある政治家の方に要望をするなどのやり方で声をあげています。

 

<仏教について>

法務は話し合いながら、できる限りの対策をしつつおこなったりお休みしたりしています。

行事はすべて延期なのでインプットに励んでいます。

その他できることを模索しながら動いているので、何かご報告できることがあればツイートしますね。 ️

 

<心配していること>

・不安を抱える方が増える

・差別、ヘイトスピーチ、DVなど

・教育の機会が失われる

・経済

などなど…

Twitterではあまりつぶやきませんが、これらの課題に対して私にできることがあれば行動を起こしていこうと思います。

もちろんできる限り家にいながら。

 

<おわりに>

厳しい環境のなか働いてくださっている方々。

不安な思いを抱えながら毎日過ごされている方々。

明るく励ましてくださる方々。

思いを正直に打ち明けてくださる方々。

すべての皆様に感謝しています。

ありがとうございます。 ️

南無阿弥陀仏

家の中で何をして過ごしているのか

こんにちは。

今回は家の中でどんなことをして過ごしているのかを書いてみます♪

その前に・・・ 

みなさん各地域の状況に合わせながら予防に取り組んでおられますね。

経済学者の大竹文雄先生の記事https://note.com/fohtake/n/n0c30bb9fc6e2(自粛要請の報道について)によると、自粛要請を守らない人を取り上げすぎると批判的だとしても逆効果になりかねないらしいです(記事は報道に関するものですけどね)。

みんな自粛しているから私もそうしようという空気を醸成する方が良いのかもしれませんね。

必要に迫られて外出しなければならない方にプレッシャーを与えてしまうのも嫌ですし、数か月から数年の長期戦になりそうなので心にゆとりを持ちながら続けていきたいです。

厳しい状況の中働いている方にもエールを送りたいです。

というわけで、大勢の方々が他者に移さないように気を付けて行動していることを褒め合っていけたらいいなと考えております。

 

以下

・いま大切にしたいこと

・なぜ経済政策についてツイートするのか

・家の中で何をしているのか

 

について書いていきます。

興味のある項目だけでも読んでいただけたら嬉しいです。

 

1、いま大切にしたいこと

Twitterの私のTLで「こんなときこそ仏教だ」というつぶやきを見ました。たしかにそうだなと思います。

でも私はそう考えると気負いすぎてしまうので、いつも通りに仏教と接していきたいです。

仏教を何かを解決するための道具として利用してしまいそうになる私ですから。

自粛や行事の中止・延期などで時間があるので、静かに経典や仏教書を読みながら自分を見つめ直す機会にします。

今は心のゆとりや冷静さ、そして正しく怖がることが必要だと思います。

正確に状況を把握しながら、予防・自粛を心掛けていきます。

 

2、なぜ経済政策のツイートをしているのか

経済政策についてつぶやく理由は、

不況時に生活のセーフティーネットのためにお金を出すか出さないかで、その後の健康や生活が天と地ほどに左右されるという研究があるから

です。だからアジア欧米各国は赤字を気にせずにお金を出すという政策を選んでいますよね。ぜひとも『経済政策で人は死ぬのか?』を読んでいただきたいです。難しい数字などはほとんど使わずに書かれていますし、今こそ絶対に読むべき名著です!

昨日(3/28)の総理の会見を見ていて、国民の声を聞いてくださっていることが伝わってきました。具体的な額について言及がなかったのは残念(額に言及していれば自粛を頑張る機運が高まったはず)ですが、給付や減免、手厚い雇用調整助成金などに言及しており安心しました。和牛券では困るという私たちの声が届いたのだと思います。

できれば給付は一律にして、高所得者からは後に税金でとるのがベストではないでしょうか。誰が本当に困っているのかを判断するのはとても難しいですから。

また、元々増税の影響で景気後退局面にあったので、中・長期的に考えれば消費減税も必要かと思います。政策を打つためには国民の声という後押しも必要なので、タイミングを見つつ

みんなにお金を配ろう(^^)&消費税を下げよう(^^)

という声をあげたいです。

 

3、家の中で何をしているのか

行事やライブなどが次々と中止になって外出できない状況で(普段から家にいるじゃないかという疑惑もありますが)、私が何をしているのか紹介してみたいと思います。

ちょっと恥かしいですけどね 笑。

 

読書

普段以上に時間があるので趣味に関する読書(音楽やサッカーなど)も増えています。

今読んでいる本から何冊か紹介します。

親鸞『教行信証』を読む (響流選書)

親鸞『教行信証』を読む (響流選書)

 

 

 

虚無回廊

虚無回廊

 

 

文化系のためのヒップホップ入門3 (いりぐちアルテス010)

文化系のためのヒップホップ入門3 (いりぐちアルテス010)

  • 作者:長谷川町蔵
  • 発売日: 2019/12/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

世界史序説 (ちくま新書)

世界史序説 (ちくま新書)

 

 

気になる本がありましたら皆さまも是非読んでみてください。

  

音楽を聴く

The Weekndの新譜良いです♪

MVは怖いです。。。

The Weeknd - In Your Eyes (Official Video)


The Weeknd - In Your Eyes (Official Video)

After Hours

After Hours

  • アーティスト:The Weeknd
  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: CD
 

 

優しい気持ちになれるアリシアの曲 。

Alicia Keys - Underdog (Official Video)


Alicia Keys - Underdog (Official Video)

 

最近ユリイカのビリーアイリッシュ特集を読み直しました。

ASMRに関する論説がいくつかあって面白かったです。

こんな動画があるの知らなかったです!

ASMR | WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? | Full Album Billie Eilish Tribute


ASMR | WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? | Full Album Billie Eilish Tribute

WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?  のASMRカバー動画らしいです。

たしかに癒されるような気もします。

 

ほぼポップな曲ばかり選びましたがこんな感じです。

 

数学・英語の勉強

苦手な数学と英語の勉強を頑張ろうと、まずは飽きないように各15分ずつ続けるところから始めています。

おすすめの問題集などあれば教えてください♪

計量経済学のための数学

計量経済学のための数学

  • 作者:田中 久稔
  • 発売日: 2019/08/23
  • メディア: 単行本
 
英文法の鬼100則 (アスカカルチャー)

英文法の鬼100則 (アスカカルチャー)

  • 作者:時吉 秀弥
  • 発売日: 2019/11/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

楽器の練習

4月までの坊さんバンドの本番は全部なくなってしまったので、アルバム作成に向けて曲の練習をしています。

人見知りでジャズのセッションはほとんど行かないのですが、せっかくなので曲を覚えようかなと思っています。テーマと進行覚えている曲たぶん10曲ちょっとしかないんです 恥

あとは苦手な耳コピを頑張るつもりです。

Twitterで話題になっていた音感トレーニングもやっていますよ~

また楽器の練習は成果を報告したいと思います♪

 

DAZNを見る

Jリーグや欧州リーグが中断しているため見るものがありません・・・

ただ過去の名勝負を配信しているので、現代サッカーの戦術と比較しながら観たいと思います。

戦術の勉強も再開したいです。

以下積読になっている二冊です。

欧州サッカーの新解釈。ポジショナルプレーのすべて (footballista)

欧州サッカーの新解釈。ポジショナルプレーのすべて (footballista)

  • 作者:結城康平
  • 発売日: 2019/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

これまでDAZNでたくさん楽しんできたので、できれば解約せずに乗り切りたいなと思っています。 

 

散歩

家の中・・・ではありませんが気分転換に最適ですね♪

軽い運動は大事だなと思います。

思考も整理されるのでおすすめです!

 

まとめ

つれづれと書いてみましたが、みなさんと一緒に現状をゆるゆると乗り越えていきたいなと思っています。

よろしくお願いします!

家の中でしていることはまたそれぞれ詳しく書こうと思っています。

あとアマゾンプライムでおすすめの映画やドラマやアニメがあったら是非教えてください。

ではまた。

政府にお金をたくさん出して欲しいなと思っています

みなさん落ち着いて行動されていますね。

私も引き続き気を付けながらゆるゆると過ごしていきます(^^)

 

ただ、経済政策がイマイチになりそうで心配です。

普段政治の記事は書きませんが、平時ではありませんからね。

素人ですから難しいことは書けませんし考察は出来ませんが

政府にお金をたくさん出すように求めませんか? 

と思っているので書いてみます。

 

1、消費増税のダメージ

以前、消費増税を延期すべきではないかという記事を書きました。

そのまま増税した結果日本経済はどうなったでしょうか。

19年10~12月期GDP改定値、年率7.1%減に下方修正(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL05HCB_V00C20A3000000/

 

2019年10月~12月のGDPが年率換算7.1%下落しました。

つまり昨年末からすでに景気は悪くなっていました。

今回の世界的な景気悪化が無くてもまずい状況にあるということです。

 

2、何をすれば良いのか 

野口旭先生の記事が分かりやすいです。

www.newsweekjapan.jp

記事の内容をまとめると

◎感染拡大期→所得補償・代替的に低額給付

◎感染が落ち着いたら→消費減税・低額給付

◎長期的には→金融政策・財政政策によりインフレ目標達成を目指す

 

もう少し分かりやすく書くと

◎感染拡大期→自粛していても生きていけるようにお金を配る

◎感染が落ち着いたら→買い物したくなるように税金を下げてお金を配る

◎長期的には→安心して働くことができる社会を目指す政策をおこなう

 

まさに今の日本に必要な政策であると思います。

 

「お金を配る」という姿勢を見せなければ自粛は続かないでしょう。

今でもギリギリで生活をしている方が大勢いらっしゃいます。経済対策が感染症対策にもつながるのではないでしょうか。また、消費増税によって不況になったのですから、単純に考えれば消費減税も必要ではないかと素人としては思うところです。

 

必要な経済政策を怠れば命に関わります。

例えば失業率と自殺率には相関関係があります。

www.newsweekjapan.jp

もちろん感染拡大を防ぐためには経済を回さない必要もありますし、当面は雇用の安定というよりも生活のためにお金を配る必要があるでしょう。

公衆衛生学者が書いた『経済政策で人は死ぬか?』はまさに今こそ読まれるべき一冊だと思います。

 

3、財源は大丈夫なの?

現状では問題ありません。

借金だけではなく、資産も合わせて見れば日本は健全財政です。

森永卓郎さんの本に詳しく書かれています。 

 

また、経済危機や恐慌には財政赤字を気にするよりも命を救う政策を優先するのがセオリーですし、私はそういった政策を支持します。

なんと健全財政が大好きなメルケルさんまでが新規国債発行を解禁しています。

ドイツ、追加予算18兆円規模に 借金ゼロは棚上げ(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57079960S0A320C2MM8000/ 

ドイツでさえ財政赤字を許容するのですから、日本も新規国債を発行して大規模な財出があり得ると私はまだ信じています。

 

4、まとめ

お金を配るのは倫理に反しているような気がして不快だという方もいらっしゃると思います。

ただ、お金を刷る&配る・使うのが不況期における基本的なマクロ経済政策なので今だけは許していただきたいです。

ぜひお金をたくさん出して欲しいと訴えましょう!

今は政府が情報を小出しにしながら様子を見ている段階だと思いますから、国民が声をあげれば届くのではないでしょうか。

経済政策は命に関わりますし、一人でも多くの方の生活が救われることを願っています。

 

5、法座について

経済の話とは関係ありませんが、法座を開催するにはどのような対策が必要かと話題になっていたので少しだけ思うところを書いておきたいと思います。

私としては、今はまだ感染拡大局面ですから法座は延期すべきだと考えています。

ただ、あくまでも自粛は要請ですし、私たちは自由主義の世の中を生きているのですから行事を開催するという判断をされるお寺も当然あるでしょう。

その折にはこの記事は参考になるかと思います。

http://shinshuhouwa.info/column/

繰り返しますが、私個人は感染拡大期においてはなるべく法座の延期が望ましいのではないかと考えています。ただし無防備で開催するよりは、対策をして開催する方が良いでしょう。地域によって感染流行の状況も異なりますしね。

感染収束まで長期戦となる可能性も出てきています。少し落ち着いて来れば小規模イベントから開催していくという流れになるかもしれません。そのときのために今からウイルス対策を考えておくことも必要かもしれませんね。

開催・延期・中止など個々の判断について批判をするつもりはありませんし、私も引き続き様子を見極めていきたいなと思っています。

 

次回は明るい話題でブログ記事を書くつもりです(^^)

私の音楽遍歴

新型コロナウイルスの感染拡大に胸を痛めています。

また自粛で気が滅入る日々を過ごされていることも多いことでしょう。

私もその一人ですが、せっかく時間ができたので私の音楽遍歴を振り返ってみようと思い立ちました。

 

新型コロナウイルスについて雑感

 素人の戯言なので読み飛ばしていただいてかまいません。

 私は封じ込めを狙うという意図なら短期間の自粛は理解できるという立場です。ただし、自粛はできる範囲でおこなうしかないでしょう。私たちはお金を稼いで生きていかなければなりませんから、しっかりと予防した上での行事やライブの決行、飲食店での会合開催などの判断を責めることはできないと思います。ウイルスよりも自粛による死者のほうが多いとなれば意味がありませんからね。ですから自粛の長期化にも反対です。長期化せざるを得ない状況もあり得るだろうとは思いますが。

 致死率が低いとはいっても感染が拡大すればするほど多くの方が亡くなるのですから、封じ込められるに越したことはありません。もし早期の封じ込めが厳しくなって感染が拡大してしまえば、重症者をいかにケアするかという流れになるのでしょうけどね。

 短期間で封じ込められるにしても長期化するとしても、どちらにせよ大規模な経済対策は必須です。元々消費増税の影響で経済の指標が悪化しているところに加え、今回のウイルス騒動ですから。金融政策・財政政策のフル稼働により、世界的なリセッションの危機を乗り越えてほしいところです。政府日銀はよろしくお願いいたします。

 

私の音楽遍歴

私がどんな音楽を聴いてきたのか披露します♪

 

小学生

  宇多田ヒカル Automatic


宇多田ヒカル - Automatic

 初めて買ったCDはTMrevolutionの「WHITE BREATH」でしたが、小学生の時一番衝撃を受けたのは宇多田ヒカルの登場です。小室ファミリーがチャートを席巻している中で「Automatic」が発表されたときはこんなにかっこいい音楽があるのかと驚きました。宇多田ヒカルの曲の中で今でも一番好きです。

 

中学生

 No Doubt Hey Baby


No Doubt - Hey Baby

 クラスの仲間とカラオケに行ったとき、ませている女子が歌っていて知りました。まずグウェン・ステファニーが綺麗ですよね。これがきっかけでオレンジカウンティ出身のバンドを聴くようになりました。

 

高校1年生

 Green  Day Basket Case


Green Day - Basket Case [Official Music Video]

 先程のノーダウトやゼブラヘッドオフスプリングなどメロコア発祥の地オレンジカウンティ出身のバンドを聴いていました。グリーンデイはオレンジカウンティではありませんがカリフォルニア出身ではあります。あとSum41とかも聴いてました。懐かしい!

 

高校2年生

 Blue All Rise


Blue - All Rise

 友人がボーイズコーラスグループにハマっていた影響で私も聴いていました。ウェストライフも好きでしたけど一番聴いていたのがこのBLUEでした。ヒップホップビートが好きだからかなと思います。あとブリちゃんとか聴いてましたね。

 

高校3年生

 NAS I Can


Nas - I Can (Official Video)

 友人が今度はラップにハマりまして、もろに影響を受けましたね。エミネムがかなり流行っていましたし、KICK THE CAN KREWやキングギドラなど日本語ラップもよく聴いてました。MTVを見ていたらK DUB SHINEがナズのこの曲を紹介していてかっこいいなと思い、すぐCD屋さんに走ったことを覚えています。

 

大学1年生

 Count Basie Corner Pocket


Count Basie - Corner Pocket

 大学ではジャズのサークルでビッグバンドに所属していました。某関西の大学なので、ビッグバンドといえば今でもベイシーです。でもぶっちゃけこのころはバディ・リッチのほうが好きでした。

 

大学2年生

 Miles Davis So What


Miles Davis - So What (Official Video)

 ビッグバンドは聴いていたのですが、正直コンボジャズはつまらないと感じていました。ところがある日カインドオブブルーを聴いていたら「あれ、ジャズってヒップホップに似てるんじゃない?」と気づいたのです! 別にヒップホップっぽいアルバムではないんですけどね。それ以来コンボジャズを聴けるようになりました。また集団行動が苦手な私にとっては少人数バンドのほうが合っているということにも気付きました(笑)

 

大学3年生

 Stanley Turrentine Sugar


Stanley Turrentine - Sugar.avi

 この頃の私は音楽=黒人! という偏見があり、黒人らしいプレイをする奏者が好きでした。スタンリー・タレンタインは今聴いてもめちゃくちゃかっこいいなと思います。

 

大学4年生

 Young Money Bed Rock


Young Money - Bed Rock (Official Music Video)

 ヒップホップでサウスが流行りだして新しいビートや新しいフロウが出てきました。ミーハーですけどリルウェインはラップ上手いのでよく聴いていましたね。日本語ラップではSEEDAをよく聴いていました。

 

2010年代前半

 The Strokes Under Cover of Darkness


The Strokes - Under Cover of Darkness (Official Music Video)

 音楽=黒人と思い込んでいましたが、あれ白人もかっこいいじゃんということに気付きます。主にブリットポップを聴いていました。バカにされがちですがオアシス好きです。ストロークスブリットポップではありませんがUKのバンドにフォロワーが多い印象です。

 

2010年代中頃

 SZA Babylon


SZA - Babylon

 この頃から暗い音楽で人間の汚い部分を表現したいなという気持ちが高まってきました。生きていくために表面上は綺麗に取り繕わなければならない、でも一人ひとり事情を抱えて生きている。そんな思いを表現するにはアンビエントR&Bのビートに乗せるのが良いのではと思ったのです。SZAはポップ寄りですけどね。スターになってしまった今よりもこの頃が好きです。

 

2010年代後半

 KOHH Dirt Boys feat.Dutch Montana,Loota


KOHH - "Dirt Boys feat. Dutch Montana, Loota" Official Video

 ミーゴスの登場などによってフロウが進化しましたよね。トラップのビートに合うおもしろいフロウが増えたのでラップをよく聴いていたのですが、まさか日本語でトラップができるなんて思っていなかったです。KOHHが出てきたときは宇多田ヒカル並みの驚きでした。ちなみに二人は共演していますね。

 

現在

 Lana Del Rey Doin'Time


Lana Del Rey - Doin’ Time (Official Video)

 

 Kamasi Washington Street Fighter Mas


Kamasi Washington performing ''Street Fighter Mas" live on KCRW

 これまでの音楽遍歴を振り返って考えてみると「暗いヒップホップビート+女性ボーカル+ジャズ」これが私の表現したい音楽だなと思います。カマシのような曲にラナデルレイの声で暗い歌詞。どうやらこれが私の正解です。トリップホップなんかも近いんですけどね。そんな音楽をこれからも作っていければと思います♪

 

おわりに

 お読みいただきありがとうございました。みなさまの音楽遍歴もぜひ教えてください♪

YouTubeにおける布教について

今回はYouTubeにおける布教について書いてみます。

 

本記事を書こうと思った経緯

 武田正文さん(@takeda394)の

「僧侶と話していると「誤解を生むリスクがあるから発信しない」という人がかなり多い。理由は「伝統教団の看板に傷がつく」から。宗祖方はハンパない批判や炎上のなか仏道を歩まれたじゃないか。時代に求められるのは傷だらけ系僧侶に違いない。僕はYou Tubeやめないもんねー。目指せ炎上。なんまんだぶ」

というツイートに対して私がリプを送りました。そのやり取りに関して思うところがあったので記事を書こうと思い立ったのです。

 

YouTubeを用いた布教はアリなのか?

 初めに結論を書きますが内容次第だと思います。例えば伝統的なスタイルの法話の場でギターソロを延々と30分弾いて最後に一言「これが南無阿弥陀仏でーい! どどん!」と言うだけの法話がもしあれば、ナンダコレハ・・・という話になるでしょう(ちょっと見てみたい気もしますが)。ツールとしてふさわしいかという議論も必要だと思いますが、現場に足を運べない方もいらっしゃいますし、気軽に仏教に触れられるという点からもYouTubeでの布教は動画の内容次第ではアリだと考えます。一人ひとりの僧侶が聞法生活の中で出あう方々や目の前の出来事に丁寧に向き合い、動画も良いけど法要や行事に足を運ぶのはもっと良いんだぞ! という状況を生み出せると良いですね。

 発信する側としてもコネや運がなければ場を与えられる機会が少ないという現実がありますし、YouTubeなどの個人メディアはありがたいです(お聴聞に足を運んでつながりを作る努力ももちろん大切ですが)。発信してみなければ自分が間違っているかどうかもわからりませんから。ですから内容に対する指摘や、目立ちたいだけなのでは? というような批判は貴重です。ただ、批判が追い付かずに間違った情報が広まってしまうのではという懸念はあるでしょう。先日、某芸人の方が教養YouTuberとして誤った情報を流していることが話題となっていました。批判するためには視聴しなければいけないというコストがかかりますし難しい問題です。

 また、奇抜なことをするのは悲しい・寂しいという声に向き合ってほしいなとも思います。仏教にご縁のなかった方に興味を持っていただくために、普段支えてくださっている方の声を無視してしまうのは悲しいです。なんでもやったれー! となるのではなく、葛藤しながら対話のなかで模索していくことはできないでしょうか。

 そして、とがった表現も救いとなり得るという点に留意したいです。私にとって不快な表現であっても誰か(表現者自身も含む)の救いとなるかもしれせんし、救いとならないとしても法律を犯さない限り表現の自由は保証されて欲しいです。これは私がリベラリストなのでそう主張するだけですけどね。ほとんどの人が許さないとしても、どこかに表現の場を! と思います。

 初めに述べましたがYouTubeなど個人メディアを用いた布教について、内容次第ではアリだと考えています。100対ゼロで割り切れる話ではないので議論が続くことを期待しています。

 

武田さんとのミスコミ

 先に引用した武田さんのツイートに対して「(鎌倉新仏教などの)宗祖方は炎上を狙ってはいない」という批判が見られました。もし武田さんが宗祖方も炎上を狙っていたのだと主張されているのであれば私も賛同しませんが、その解釈は武田さんの元ツイートの文意とはズレているようにも感じました。武田さんの動画をいくつか拝見した限り炎上狙いだとは思えません。


はじめてのお寺 お坊さんユーチューバーが紹介

ですから確かめてみようと思いリプしてみたのです。ところが私のリプが稚拙だったため議論は成立しませんでした。

「結果炎上することはあると思いますが炎上を目標にするのは悲しいですし応援できません(クソリプ)。 あと誤解を生まない・人を傷つけない表現を心がけている方も素敵だと私は思います。 でもチャンネル登録して陰ながら応援しています。」(私のリプ)

 初めから素直に質問すればよかったのですが、遠回しかつ攻撃的に受け取られかねない書き方をしてしまい反省しています。

 Twitterにおいて文意を細かく尋ねるのは野暮だなと思いつつ2日間にわたってリプをしたのはミスコミュニケーションのまま終わるのが寂しかったのと、私は敵ではないということを示したかったからです。

そして何度かやり取りした結果、武田さんの元ツイートは

「新しい布教のカタチとして話題を集めたい! たとえ批判されて炎上したとしても、自分のスタイルを貫いた鎌倉新仏教の祖師の方々のように覚悟をきめてやっていくぜ!」

という意味だと受けとめました(ご本人にも確認いたしました)。

「ウケ狙いで変なことするぜ! 宗祖方もやってたじゃん! 尚、批判は一切受け付けませんので!」

という意味ではないと思います。

お忙しいなかご返信ありがとうございました。

 

私が見ている仏教系YouTubeチャンネル

たくさんの仏教系YouTubeチャンネルがあります。例えば音楽系僧侶の動画に関しては以前の記事ににまとめてあります。

akatsuki-blog.hatenadiary.jp

 

音楽系以外で普段私が見ている仏教系YouTubeチャンネルは

桜嵐坊さん


落語説教『念仏しじみ売り』~お育て~ 桜嵐坊

節談説教、落語説教、やさしい法話、歌の法話など初めて法話に触れる方にとっても親しみやすい動画が多くて勉強になります。

 

石屋の山田さん


納骨式で絶対に忘れてはいけないもの

視点が面白いのと、私はこう思うのですがどうでしょうか?という提案型の動画が多くていいなと思います。

 

他にもたくさんの仏教系YouTube動画がアップされていますから、みなさまのおすすめもぜひ教えてください(^-^)

 

おわりに

 武田さんにリプをしたこと及びリプの内容には後悔していますし反省しています。よくTL上でお見かけするので勝手に親近感を抱いていたというのもありますし、これからも気を付けたいなと思います。

 最後に私が出演した動画も貼っておきますのでもしよろしければご覧ください。

お読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

勝手に演僧会


坊主が語るSMAP【セロリ】

2019年おすすめ仏教書ブックガイド

2019年に読んだおすすめ仏教書3冊を紹介し合うという企画をTwitterでおこなっておりました。

「#2019年おすすめ仏教書3冊」とハッシュタグを付けて投稿するという企画です。 

ご投稿ありがとうございました!

企画についての詳細は以前のブログをご覧ください。

akatsuki-blog.hatenadiary.jp

 

年明けに投稿結果をまとめてブログを書くと事前に宣言していました。

少し遅くなりましたが結果発表です。

ぜひブックガイドとしてお使いください。

私も入手できる本、図書館にある本はできるだけ読んでみようと思います。

また、本をおすすめする理由が書かれたツイートも多かったので是非タグ(#2019年おすすめ仏教書3冊 )を遡ってみてください。

 

投稿結果発表 

『初期仏教 ブッダの思想をたどる(岩波新書)』(岩波書店) 馬場紀寿

初期仏教――ブッダの思想をたどる (岩波新書)

初期仏教――ブッダの思想をたどる (岩波新書)

 

 

真宗における本尊(東本願寺伝道ブックス)』(真宗大谷派(東本願寺出版部))  藤田宏達

真宗における本尊 (東本願寺伝道ブックス)

真宗における本尊 (東本願寺伝道ブックス)

 

 

親鸞思想の原点』(法蔵館) 本多弘之

親鸞思想の原点

親鸞思想の原点

 

 

『「さとり」と「廻向」』(人文書院) 梶山雄一

「さとり」と「廻向」―大乗仏教の成立

「さとり」と「廻向」―大乗仏教の成立

 

 

『大乗仏典〈15〉世親論集(中公文庫)』(中央公論新社) 長尾雅人 他

大乗仏典〈15〉世親論集 (中公文庫)

大乗仏典〈15〉世親論集 (中公文庫)

 

 

『願生浄土』(永田文昌堂) 安田理深

 

『生きることがはじまる』 宮下晴輝

 

『大乗非仏説をこえて』(国書刊行会) 大竹晋

大乗非仏説をこえて: 大乗仏教は何のためにあるのか

大乗非仏説をこえて: 大乗仏教は何のためにあるのか

 

 

『「空」論 空から読み解く仏教』(春秋社) 正木晃

「空」論: 空から読み解く仏教

「空」論: 空から読み解く仏教

  • 作者:正木 晃
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2019/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

『なぜ今、仏教なのか 瞑想・マインドフルネス・悟りの科学』(早川書房) ロバート・ライト

なぜ今、仏教なのか――瞑想・マインドフルネス・悟りの科学

なぜ今、仏教なのか――瞑想・マインドフルネス・悟りの科学

 

 

『認識論と論理学(シリーズ大乗仏教)』(春秋社) 高崎直通 他

認識論と論理学 (シリーズ大乗仏教)

認識論と論理学 (シリーズ大乗仏教)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 単行本
 

 

『あなたの知らない「仏教」入門』(春秋社)  正木晃

あなたの知らない「仏教」入門

あなたの知らない「仏教」入門

  • 作者:正木 晃
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2014/07/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

『「悟り体験」を読む:大乗仏教で覚醒した人々(新潮選書)』(新潮社)  大竹晋

「悟り体験」を読む: 大乗仏教で覚醒した人々 (新潮選書)

「悟り体験」を読む: 大乗仏教で覚醒した人々 (新潮選書)

  • 作者:大竹 晋
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

『近世仏教の教説と教化(日本仏教史研究叢書)』(法蔵館) 芹口真結子

近世仏教の教説と教化 (日本仏教史研究叢書)

近世仏教の教説と教化 (日本仏教史研究叢書)

 

 

『この人を見よ ブッダ・ゴータマの生涯 ブッダ・ゴータマの弟子たち(増谷文雄名著選)』(佼成出版社) 増谷文雄

 

『ニセ坊主:僧伽をおもう―本願寺維持財団真宗大谷派(響流選書)』(響流書房) 柳衛法舟

ニセ坊主: 僧伽をおもう―本願寺維持財団と真宗大谷派 (響流選書)

ニセ坊主: 僧伽をおもう―本願寺維持財団と真宗大谷派 (響流選書)

  • 作者:柳衛 法舟
  • 出版社/メーカー: 響流書房
  • 発売日: 2015/06/03
  • メディア: Kindle
 

 

『本当の命を生きる 大峯顯法話集 (響流選書)』(響流書房)

本当の命を生きる 大峯顯法話集 (響流選書)

本当の命を生きる 大峯顯法話集 (響流選書)

  • 作者:大峯 顯
  • 出版社/メーカー: 響流書房
  • 発売日: 2015/05/21
  • メディア: Kindle
 

 

『仏教の大意 (角川ソフィア文庫)』(KADOKAWA) 鈴木大拙

仏教の大意 (角川ソフィア文庫)

仏教の大意 (角川ソフィア文庫)

 

 

『君は君の願いに生きていけ: 林暁宇師最後の説法 (響流ブックレット)』(響流書房) 林暁宇

君は君の願いに生きていけ: 林暁宇師最後の説法 (響流ブックレット)

君は君の願いに生きていけ: 林暁宇師最後の説法 (響流ブックレット)

  • 作者:林 暁宇
  • 出版社/メーカー: 響流書房
  • 発売日: 2015/07/20
  • メディア: Kindle
 

 

『出家とは何か』(大蔵出版) 佐々木閑

出家とはなにか

出家とはなにか

 

 

『捨身の仏教 日本における菩薩本生譚 (角川選書)』(KADOKAWA) 君野隆久

捨身の仏教 日本における菩薩本生譚 (角川選書)

捨身の仏教 日本における菩薩本生譚 (角川選書)

 

 

『新仏教とは何であったか: 近代仏教改革のゆくえ』(法蔵館) 中西直樹

新仏教とは何であったか: 近代仏教改革のゆくえ

新仏教とは何であったか: 近代仏教改革のゆくえ

 

 

『驚異の世界史 瞑想するアジア―インダス ガンジス アンコール・ワット』(文藝春秋) 森本哲郎

 

『地獄と極楽(真宗文庫)』(東本願寺出版部) 宮城顗

地獄と極楽 (真宗文庫)

地獄と極楽 (真宗文庫)

 

 

『平等への視座―対談・歴史的課題と教団― (新書シリーズ6)』

 

『そのお悩み、親鸞さんが解決してくれます: 英月流 「和讃」のススメ』(春秋社) 英月

そのお悩み、親鸞さんが解決してくれます: 英月流 「和讃」のススメ

そのお悩み、親鸞さんが解決してくれます: 英月流 「和讃」のススメ

  • 作者:英月
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2018/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

『誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門』(日本実業出版社) 内藤理恵子

誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門

誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門

 

 

『講義ライブ だから仏教は面白い!(講談社+α文庫)』(講談社) 魚川祐司

講義ライブ だから仏教は面白い! (講談社+α文庫)

講義ライブ だから仏教は面白い! (講談社+α文庫)

 

 

『遺教経講話』(春秋社) 山田無文

遺教経講話

遺教経講話

  • 作者:山田 無文
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 単行本
 

 

隠れ念仏隠し念仏 ――隠された日本 九州・東北 (ちくま文庫)』(筑摩書房) 五木寛之

隠された日本 九州・東北 隠れ念仏と隠し念仏 (ちくま文庫)

隠された日本 九州・東北 隠れ念仏と隠し念仏 (ちくま文庫)

 

 

『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社) Toshi

洗脳 地獄の12年からの生還

洗脳 地獄の12年からの生還

 

 

『マンガ仏教入門(だいわ文庫)』(大和書房) 蔡志忠

マンガ仏教入門 (だいわ文庫)

マンガ仏教入門 (だいわ文庫)

  • 作者:蔡志忠
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/02/09
  • メディア: 文庫
 

 

『世界地図の下書き(集英社文庫)』(集英社) 朝井リョウ

世界地図の下書き (集英社文庫)

世界地図の下書き (集英社文庫)

 

 

『十二人の死にたい子どもたち(文春文庫)』(文藝春秋) 沖方丁

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

 

 

『銀河の死なない子供たちへ(上・下)(電撃コミックスNEXT)』(KADOKAWA) 施川ユウキ

銀河の死なない子供たちへ(上) (電撃コミックスNEXT)

銀河の死なない子供たちへ(上) (電撃コミックスNEXT)

 

 

『慈悲の瞑想 慈しみの心』(春秋社) バンテ・ヘーネポラ・グナラタナ 他

慈悲の瞑想 慈しみの心

慈悲の瞑想 慈しみの心

 

 

『大念処経―ヴィパッサナー瞑想の全貌を解き明かす最重要経典を読む』(サンガ) アルボムッレ・スマナサーラ

大念処経 (初期仏教経典解説シリーズ)

大念処経 (初期仏教経典解説シリーズ)

 

 

『8マインドフル・ステップス』(サンガ) バンテ・H・グナラタナ 他

8マインドフル・ステップス

8マインドフル・ステップス

 

 

『はじめての韓国仏教:歴史と現在』(佼成出版社) 佐藤厚

はじめての韓国仏教: 歴史と現在

はじめての韓国仏教: 歴史と現在

 

 

『東アジア仏教史(岩波新書)』(岩波書店) 石井公成

東アジア仏教史 (岩波新書)

東アジア仏教史 (岩波新書)

 

 

日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈』(講談社) 大谷栄一

日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈

日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈

 

 

教行信証(岩波文庫)』(岩波書店) 親鸞 金子大栄校訂

教行信証 (岩波文庫)

教行信証 (岩波文庫)

  • 作者:親鸞
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1957/10/07
  • メディア: 文庫
 

  

教行信証 大河流覧』(法蔵館) 藤場俊基

教行信証 大河流覧

教行信証 大河流覧

  • 作者:藤場 俊基
  • 出版社/メーカー: 法藏館
  • 発売日: 2020/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 こちらはまだ発売されていませんが私も楽しみにしている一冊です。

 

まとめ

昨年より投稿数が増えて嬉しかったです。

厳密に言えば仏教書ではないけれど仏教の視点で読みましたという投稿もあり、バラエティに富んだ結果となりました。

この調子でいつかはブログで全冊紹介できないほどの投稿数になれば良いなと思っております。

やはり本をよく読む方や読書好きの方の投稿が多いので、一冊からでも気軽に投稿していただけることを来年はもっと強調しようと思っています。

来年もよろしくお願い致します。

ありがとうございました!